作業手袋で労災事故をゼロに!愛知の手袋のソムリエ

手袋のソムリエ:江村典子プロフィール

お知らせ


 

このブログを書いている江村典子とは

こんな道を歩んできました!

 

 

 

1968年、作業服・学生服の販売を家業とする

江村家の次女として生まれ、子供の

ころから両親の仕事の手伝いをして育つ。

 

▼昭和50年ごろの両親

 

祖父が、始めた衣料品販売のお店、

「江村商店」は、名古屋市熱田区の

神宮東門を入ったすぐの神宮内にあり、

きよめ茶屋や蓬莱軒の並びであった。

(今は熱田神宮の駐車場)

 

 

▼毎年、お盆に親戚が「江村商店」に集合。

熱田神宮にお店があった昭和40年代。

 

その後、熱田区神戸町(七里の渡しの近く)に

移転をしたのを契機に、制服(学生・職場)の

販売に特化する。

 

 

 

家が商売をやっていて、小学生の

頃から手伝っていた。その時、父が10余人も

集まったお客さんに、ドンドン商品を

販売する様子にあこがれ、商売屋を志す。

 

 

 

短大を卒業後、商社マンを目指し

北京に留学。1989年に帰国後、

貿易商社で修業をしながら、

サラリーマン生活を始める。

 

 

1995年、父と5人の出資者のチカラを

借りて、貿易商社を設立。専務に就任。

貿易業に専念する。(のちにM&Aで売却)

 

 

 

2001年、後継者がいない作業手袋メーカーを

M&Aし事業継承。その会社は、

中国・江蘇省無錫市に手袋工場があり

毎月のように工場へ出向く生活が数年続く。

 

 

2007年、手袋の製造工場を売却。

製造卸から、卸小売りに転換を図る。

 

 

ある展示商談会に出展したとき、

作業中に指を失った人と出会う。

 

 

手をポケットに入れて話すその人が

私の手袋に対する想いを一新。

 

 

 

労災事故がひとの心に大きく影を

落とすことを実感し、

 

「作業手袋でゼロ災へ!」

 

を旗印に、作業手袋の安全性を

ブログや動画などで訴える。

 

 

これまで、ブログを通じ1000以上の

手袋を紹介し続けている。(毎日更新中)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

【ここからは、オマケ】

 

1968年1月 名古屋市生まれ

 

1986年3月 愛知県立南陽高校卒業

ハンドボール部に所属し、真っ黒に日焼け

しながら、3年間活動する。

 

 

1988年3月 愛知女子短期大学卒業

一年生の夏休みに、北京に短期留学し

カルチャーショックを受ける。

 

 

1989年6月 北京語言学院留学中に天安門事件に遭遇し帰国。

天安門事件前の北京市民の期待と高揚を見て

明るい未来を夢見て、大きく裏切られる。

 

1989年10月 名古屋市内の日中貿易専門商社に入社

雑貨をメインに輸入する会社で、仕入れ・

通関・販売とすべての工程を見ることで

有意義な修行期間でした。

 

 


お問い合わせ

会社名 株式会社 扶双
住所 〒456-0053
愛知県名古屋市熱田区
一番二丁目51番地11号
受付時間 10:00~17:00

コメントを残す

あなたの手袋のソムリエ

名前 ㈱扶双ののりねえ
住まい 愛知県

Profile

あなたの手袋のソムリエ ㈱扶双の江村典子です。

なんで、道路のわきに、軍手が落ちているか知っていますか?トラックの燃料キャップが汚れないように、キャップに軍手をかぶせているのが、落ちるからなんですよ。

あなたを魅惑の手袋ワールドにおつれします!

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss