作業手袋で労災事故をゼロに!愛知の手袋のソムリエ

ナイフで切れにくい手袋に印刷をするなら、どの繊維がいいか?


いつも手袋のことばかり考えている
あなたの手袋のソムリエ のりねえです。

 

 

 

昨日も新しいお問い合わせを

いただきました。

 

 

 

切れない手袋を労災事故防止で活用したい。それを支給するので、我々の団体のロゴを手の甲に入れたい。

 

 

やりがいのあるお仕事をいただきました。

 

 

 

切れない手袋の種類

切れない手袋にはいくつも素材に

種類があります。

 

 

 

代表的なものをいくつか

あげてみますと

 

 

 

・アラミド(ケブラー®)繊維

・高強度ポリエチレン

・金属線+高強度ポリエチレン

などなど

 

 

 

いずれの繊維も刃物などの

切りつけに対して非常に

強い繊維です。

 

 

 

それを軍手に編んだものは

非常に強いし、手をしっかり

守ってくれます。

 

 

 

ケブラー®は、紫外線による耐切創度の

劣化があるので、ちょっと心配です。

配布はするけれど、管理を徹底できない場合

高強度ポリエチレンのほうがいいと

思います。

 

印刷方法

では、印刷方法はどうでしょうか?

 

 

 

印刷にもいくつか種類があります。

 

 

・PVC樹脂シルクスクリーン印刷

・水性インク印刷

・転写印刷

・昇華プリント

などなどこちらもいろいろ方法が

ありますね。

 

 

 

では、繊維との相性はどうでしょう?

 

 

 

・アラミド(ケブラー®)繊維

 この繊維は、耐熱繊維なので、

 どんな印刷方法もOKです。 

 

 

 

・高強度ポリエチレン

 この繊維は、80数度以上の熱をかけると

 溶けてしまうので、水性インクでしか

 印刷できません。

 

 

 

・金属線+高強度ポリエチレン

 こちらも高強度ポリエチレンを使って

 いますので、水性インクでしか印刷できません。

 

 

こうなると今回のご依頼だと

水性インクがいいでしょう。

 

 

 

 

すべり止めの種類

耐切創の繊維は、総じてツルツルして

いるので、刃物が当たっても滑ります。

 

 

 

なので、すべり止めをつけたいところです。

では、すべり止めの種類は?

 

 

 

・PVC樹脂のポツポツ

・天然ゴムの手のひらコーティング

・ニトリルゴムの手のひらコーティング

・ポリウレタンの手のひらコーティング

などなど

 

 

 

いろいろありますが、手袋を

丈夫にするとコーティングが

硬くなりがちなので、

作業に合わせてポリウレタンが

いい感じもします。

 

 

 

この辺りは詳しくヒアリングして

決めていきたいと思います。

 

 

まとめ

 

 

本日は、オリジナルロゴを入れた

手の切れにくい丈夫な繊維であんだ

手袋の特徴を、ご紹介しました。

 

 

 

暑い時期でも、どうぞご安全に。

たかが手袋、されど手袋。
作業手袋でゼロ災へ!

のりねえ


お問い合わせ

会社名 株式会社 扶双
住所 〒456-0053
愛知県名古屋市熱田区
一番二丁目51番地11号
受付時間 10:00~17:00

コメントを残す

あなたの手袋のソムリエ

名前 ㈱扶双ののりねえ
住まい 愛知県

Profile

あなたの手袋のソムリエ ㈱扶双の江村典子です。

なんで、道路のわきに、軍手が落ちているか知っていますか?トラックの燃料キャップが汚れないように、キャップに軍手をかぶせているのが、落ちるからなんですよ。

あなたを魅惑の手袋ワールドにおつれします!

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss