作業手袋で労災事故をゼロに!愛知の手袋のソムリエ

今年は刺されるスタッフいませんでした!

おすすめ記事


 

今年は、ハチに刺される労災事故は

発生しなかったよ!

 

 

 

今日は嬉しいご連絡をいただきました!

防蜂グッズをご紹介したお客様からの

言葉です。

 

 

ハイ、いつも手袋のことばかり考えている
あなたの手袋のソムリエレジスタードトレードマーク (R) のりねえです。

 

 

実は蜂の事故って結構多いんですよね。

よく言われるのは、

 

 

クマに襲われて亡くなる方よりも

ハチに襲われて亡くなる方の方が多い

 

 

▼コチラは、厚労省の職場あんぜんサイト

からの引用で、お仕事中にハチに襲われる

ヒヤリハット事例です。

 

 

 

画像をクリックで、引用先の

職場あんぜんサイトに飛びます。

 

 

蜂の針から働く人を守る!

というグッズは、存在します。

以前のブログでもご紹介しました▼

 

防蜂の基本は白!それ以外にどんな注意点があるの? | 作業手袋で労災事故をゼロに!愛知の手袋のソムリエ
いつも手袋のことばかり考えている あなたの手袋のソムリエ のりねえです。 今日はリモートでミーティングを しましたよ。 その会社さんも、手袋でお困りで 検索したら私のブログがヒットして ご相談をくださいました。 その方がお探しだったのは、 防蜂手袋! ハチ対策の手袋です。 以前ご相談あったお客様が、 改めてご相談の依頼です。 ▼昨年ハチ対策のご相談があった時のブログ 皆さん、ハチ対策というと どん

蜂の活動が活発になるのは

夏場の6月から秋口の9月頃。

巣作りと繁殖の時期です。

 

 

この時期、軒下などに巣を作るので

駆除業者さんは、忙しい時期ですね。

 

 

駆除業者さんは、宇宙服のような

防蜂ウェアーでお仕事されるでしょう。

目的が駆除なので、短時間決戦です。

 

 

ただ、今回ご相談くださったお客様の

ように、通常作業をしていたら、

蜂の巣があることに気づかず、襲われる

っていうことがあるんです。

 

 

「職場あんぜんサイト」にあるように

事前に蜂の巣があるかどうか調べると

いいのですが、なかなか広範囲に渡ると

毎回チェックも難しい。。。。

 

 

一番大変なのは、上述のように、

農家さんがハウスの除草作業をしている

最中に巣を落としてしまって、襲われる

という場合です。

 

 

駆除業者さんのように防護服を着て

いないので、刺されてしまい

人によってはショック症状を起こします。

 

 

蜂の巣からハチが飛び出してきてから

着用していては、間に合いません。

普段使いできるようにしたグッズを

作る必要があります。

 

 

動くものを追いかけるので、体より

手足や頭を刺すそうなので、なんとか

そういった場所を守るグッズを

作りたいですね。

 

 

ウチが作った商品はお客さまと

共同開発したので、ここではご紹介

できませんが、個別なお問い合わせを

いただければ、ご紹介しますので、

お困りな方はご連絡ください。

 

 

涼しくなっても、どうぞご安全に。

たかが手袋、されど手袋。
作業手袋でゼロ災へ!

のりねえ

 

 


お問い合わせ

会社名 株式会社 扶双
住所 〒456-0053
愛知県名古屋市熱田区
一番二丁目51番地11号
受付時間 10:00~17:00

コメントを残す

あなたの手袋のソムリエ

名前 ㈱扶双ののりねえ
住まい 愛知県

Profile

あなたの手袋のソムリエ ㈱扶双の江村典子です。

なんで、道路のわきに、軍手が落ちているか知っていますか?トラックの燃料キャップが汚れないように、キャップに軍手をかぶせているのが、落ちるからなんですよ。

あなたを魅惑の手袋ワールドにおつれします!

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss