作業手袋で労災事故をゼロに!愛知の手袋のソムリエ

売上を、サービスの質を、 仲間を「創造する」チームです!

お知らせ


あなたの手袋のソムリエ のりねえです。

 

 

 

3月28日に共創チームの勝川セミナーに

参加しました。

 

 

 

共創チームというのは一体何かと言いますと

ベルテンポトラベル・アンド・コンサルタンツ

という旅行社の代表である高萩徳宗(たかはぎのりとし)

さんが、主催する勉強会です。

 

 

▼以下高萩さんの共創チームへの想いです。

 

私は自分自身で会社を経営する中で、「サービス」とは共に創っていくものだ、とつくづく感じています。

 

共に創る相手は、スタッフであり、お客様であり、共に学ぶ仲間です。ひとりで悩んで壁に突き当たったり、袋小路に迷い込んでしまうようなことが、ふとしたヒントやキーワードで道が開けることはよくあります。

 

この共創チームは、あなたの足元を照らす灯台でありたいと願っています。

 

 

詳細は、以下の共創チームのページを

▼ご参考ください。

サービスの本質を磨き、顧客、社員、経営、3つのHAPPYを実現。
共創チーム勉強会へは、北海道から九州まで現在50名のメンバーに在籍頂いています。皆さま、業種や立場もさまざまですが「サービスの本質」とは何かを共に学び、意見を交換し、実践しています。

 

 

私は2018年7月から共創チームに参加しました。

私自身もいつも迷いながら前に進んでいます。

そんなとき7月に共創チームにお試しで参加をさせて

いただきました。

 

 

 

私は毎日ブログを書いていますが、目的は

作業手袋でゼロ災にできると信じて、

ケガを減らす商品を紹介しています。

 

 

 

販売するサイトをリンクしていなかった

のですが、リンクすると、いかにも

売るために書いている色が強すぎるし、

押しつけがましいんじゃないか?

と思っていました。

 

 

 

そんな葛藤を高萩さんにご相談したら

こんな風に言われました。

 

お客さんにとっては、ブログを読んで江村さんのおススメする手袋に興味もわいているし、信頼もしているから、販売サイトを一緒にご紹介したほうが「親切」かもしれませんね。

 

 

私は、目からウロコが落ちました。

「え?親切?」

 

信頼を得ているなら、紹介しても

いいんだ、と。

 

 

 

その結果、今年の私の書初めを

「親切」にしたほどです。w

 

 

 

それからは、お客さん目線で

「親切」であることを第一義に

すべてを判断することにしました。

 

 

そうなると、行動がすべて変わって

きます。見積もり速度も、資料提出も

電話も、手紙も。

 

 

 

そうなると、意外なところから

問い合わせが来たり、成約したり。

「親切」という言葉が私の足元を

照らしてくれました。

 

 

 

その共創チームは、東京・名古屋(勝川)

大阪などで、年に数回セミナーを開催して

います。

 

 

 

今年2019年最初の勝川でのセミナーが

3月28日に開催されました。

 

 

 

 

この日は、24名ものメンバーが

高萩さんの「サービスの本質」の

セミナーを聞きました。

 

 

 

 

もちろん私も参加しています。

 

 

 

共創チームメンバーでなくても

お試しで受講も可能です。

 

 

 

一度聞いてみて、面白かったり

学びが多ければ、それからメンバーに

なることも可能です。

 

 

 

その寛容さもとっても良いのです。

この日は、24名が講義を聞きましたが、

19名が懇親会に参加という

居心地の良さでした。

 

 

 

この日のお話しは、

あなたのサービスはお客様の求めるものを

提供していますか?という問題提起です。

 

 

 

実は、サービスを足していくんじゃなく

引いていくことが、求められているかも

しれませんよ、という話。

 

 

 

 

先日愚痴ったかもしれませんが、

ホテルにチェックインする時間が

30分後だけど、着いてしまった。

 

 

 

フロントで、相談したけど

「早くお入りいただく場合、1500円

お支払いいただくことになります」と。

 

 

 

その応対を聞いて、2度とこのホテルに

泊まらないと決めました。

 

 

 

私は、出張で各地に行きますが、

おそらく2度とそのホテルグループの

ホテルには泊まりませんね。

 

 

お客様にもお泊りいただきません。

 

 

 

そういう、無駄な規則に縛られて

お客さんを不快にしていませんか?

ということです。

 

 

 

それ以外にもQRコードの話がありました。

日本は、すでに先行するキャッシュレス

サービス(クレジットカードなど)が

あるので、なかなか普及しません。

 

 

 

でも、QRコードは決済システムだけじゃなく

ウーバー(配車アプリ)などで、様々な形に

紐づけられ便利になっていますよ、と。

 

 

 

そのあと、中国のキャッシュレスを書いた

以下のコラムを読んで、高萩さんの言っている

ことを裏付けているなあ、と思いました。

 

 

▼ぜひ読んでみてください。

体験の出口を争う日本のキャッシュレス、体験の入口から作る中国のキャッシュレス

https://note.mu/shao1555/n/ne6680470a931

 

 

日本はケータイだけじゃなく、

サービスもガラパゴスにならないよう

意思決定が速くできる中小零細企業こそ

「自分のサービスの改革」に、

はやく取り組みましょう、と。

 

 

 

旅行会社の経営者として世界中を

歩いてきた高萩さんだからこそ

感じるサービスの最適化を一緒に

考えてみませんか?

 

 

 

今日は手袋の話しではありませんが、

ぜひ、みなさんと共有できれば

と思いご紹介をしました。

 

 

 

花粉の時期でも、どうぞご安全に。

たかが手袋、されど手袋。
作業手袋でゼロ災へ!

のりねえ

 

 


お問い合わせ

会社名 株式会社 扶双
住所 〒456-0053
愛知県名古屋市熱田区
一番二丁目51番地11号
受付時間 10:00~17:00

コメントを残す

あなたの手袋のソムリエ

名前 ㈱扶双ののりねえ
住まい 愛知県

Profile

あなたの手袋のソムリエ ㈱扶双の江村典子です。

なんで、道路のわきに、軍手が落ちているか知っていますか?トラックの燃料キャップが汚れないように、キャップに軍手をかぶせているのが、落ちるからなんですよ。

あなたを魅惑の手袋ワールドにおつれします!

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss