作業手袋で労災事故をゼロに!愛知の手袋のソムリエ

アウトドアにはこの手袋 皮手のロングタイプ

熱に強い手袋


あなたの手袋のソムリエ のりねえです。

 

 

日曜日は、クックオフでした。

ダッチオーブンという鋳鉄の鍋で

料理を作る人がつどい、互いの

料理をふるまいあう会です。

 

 

半年に一度参加するうちの家族は

この会だけは家族そろって参加します。

 

 

 

もう20年近く通う会で、子供が生まれる

前から楽しみに参加しています。

 

 

 

屋外で食べる料理はおいしくて

天気がいいと楽しめるし、

食べていないときは、転がって

いるだけでも楽しいです。

 

 

今日はそんな外で調理するとき

便利な手袋をご紹介します。

 

 

①鍋をさわるのは皮手で。

 

なぜ私たちが鋳鉄の鍋を使うのか?

それは、蓄熱(熱が冷めにくい)

できるからです。

 

 

野外で料理するというのは気温も

大事な要因で、すぐに冷めては

おいしさもだいなし。

 

 

このように夜にふるまうときは、

作ったらすぐに冷めては

残念至極です。

 

 

そんな熱い鍋を持つには、

やはり皮手袋ですね。

 

 

 

一般的には、ロング手袋がオススメ。

たき火する人も多いので、

袖口はカバーしてほしいですね。

 

 

ロッジや、DOSが出している

手袋もいいですが、最近の

溶接などの関係者向けの

手袋でもいいものがあるんですよ。

 

 

私が気に入って使っているのは

ウェルザという手袋です。

 

 

裏に帆布(キャンバス地)が

当ててあるので、皮の粉が

つかなく、料理の時には最適。

 

 

色もきれいだし、皮もいいもの

使っているので、趣味に使うのに

いいですよ。

 

 

②趣味で使うならシリコンも。

 

シリコンは、高温でも使える

樹脂で、これもオススメ。

 

 

ただ、手袋の形になっていると

硬いので使いずらいかも。

 

 

そんな時は、鍋敷きのような

平たいものなら、鍋の蓋を

触るときも、使えます。

 

 

まとめ

 

アウトドアでは、

①皮手のロング

②シリコン鍋敷き

 

この二つが重宝します。

一緒にアウトドア生活を

楽しみましょう!

 

 

寒い時期でも、どうぞご安全に。

たかが手袋、されど手袋。
作業手袋でゼロ災へ!

のりねえ

 

 


お問い合わせ

会社名 株式会社 扶双
住所 〒456-0053
愛知県名古屋市熱田区
一番二丁目51番地11号
受付時間 10:00~17:00

コメントを残す

あなたの手袋のソムリエ

名前 ㈱扶双ののりねえ
住まい 愛知県

Profile

あなたの手袋のソムリエ ㈱扶双の江村典子です。

なんで、道路のわきに、軍手が落ちているか知っていますか?トラックの燃料キャップが汚れないように、キャップに軍手をかぶせているのが、落ちるからなんですよ。

あなたを魅惑の手袋ワールドにおつれします!

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss