作業手袋で労災事故をゼロに!愛知の手袋のソムリエ

祭り提灯をおろす人が使うと安心な手袋は?燃えにくい繊維で編んだ軍手

おすすめ記事


いつも手袋のことばかり考えている
あなたの手袋のソムリエ🄬 のりねえです。

 

 

 

熱田区には尚武祭(しょうぶさい)という

お祭りがあります。一般的には

熱田まつりといいます。

 

 

 

6月4日が前夜祭で、6月5日は

巻藁船(船じゃなくやぐらですが)が

飾られ、鳥居の横には365個

提灯をつけて、祭りを祝います。

 

 

 

 

これは、ひとつひとつろうそくに

火をつけています。

 

 

 

だから、ゆらぎが美しいんですよね。

丸い部分が365個

タテに並んでいるのが12個です。

 

 

 

これを各門の鳥居の横に

設置するわけです。

 

 

 

お祭りが終わる夜8時45分に

提灯をおろして消し始めます。

 

 

 

飾るときより、おろすとき

のほうが、火が提灯につきやすいので

皆さん、注意しながらおろしています。

 

 

 

その作業、どんな手袋をすると

手を守れるかを、比較してみます。

 

 

 

いわゆるフツーの軍手

 

 

ポリエステルがおよそ70%ぐらい

の軍手の糸を燃やしてみますと。。。

 

 

 

こんな感じになります。

 

 

 

よく燃えていますね。

燃えるのが怖いんじゃなくて

溶けるのが怖いです。

 

 

 

溶けた糸が肌にくっつく

ことが怖いんです。

 

 

 

 

綿だとどうなる?

 

 

綿100%の軍手の糸を燃やしてみると

火が付きにくいし、ついても

くすぶっている感じです。

 

 

 

綿は、石油由来じゃなく、

天然の繊維なので、溶けないので

ポリエステルに比べると

ずいぶん安心です。

 

 

 

難燃繊維は燃えない?

 

 

難燃繊維で編んだ軍手の糸に

火をつけてみると?

 

 

 

この糸はメタ系アラミド繊維

400℃超の耐熱性を持ち、防炎性に優れる

高機能繊維で、炎が燃え移ったり、

熱で溶けて肌に付着したりすることがありません。

 

 

 

消防隊員の皆さんの服にも

使われるほど、燃えにくいんです。

 

 

 

まとめ

 

本日は、お祭りで提灯をおろすときに

使うと安心な手袋の比較をしてみました。

 

 

 

暑い時期でも、どうぞご安全に。

たかが手袋、されど手袋。
作業手袋でゼロ災へ!

のりねえ


お問い合わせ

会社名 株式会社 扶双
住所 〒456-0053
愛知県名古屋市熱田区
一番二丁目51番地11号
受付時間 10:00~17:00

コメントを残す

あなたの手袋のソムリエ

名前 ㈱扶双ののりねえ
住まい 愛知県

Profile

あなたの手袋のソムリエ ㈱扶双の江村典子です。

なんで、道路のわきに、軍手が落ちているか知っていますか?トラックの燃料キャップが汚れないように、キャップに軍手をかぶせているのが、落ちるからなんですよ。

あなたを魅惑の手袋ワールドにおつれします!

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss